上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
徒歩の延長上は自転車ではありません。

自転車の延長上は自動車です。


どうもスポーツバイクに乗らない人の方が、この認識が薄いですね。

右側通行、逆走、歩道でベル連打、携帯片手、イヤフォン装着。。。

死にはしないかもだけど、半身不随などは思うより簡単になるのにね。






今日のジテ通帰宅時、初めてパンクしました。

ロードバイク(クロスバイク)人生でです。



車道走行中、大きな膨らみを乗り越えた瞬間、リアから

「ボコッ!」

と音がして、すぐにタイヤが

「ダバダバダバダバ・・・」

言い出しました。



止まって確認すると、後輪がペシャンコ!

空気の抜け方と状況から考えるとリム打ちですね。

と、初パンクの初心者ローディが言ってみる(笑)。



近くの公園で自転車をひっくり返して修理開始。

ML_SN3T0101.jpg

パンクは初ですが、タイヤ交換だったり練習だったりで何回かチューブの入れ替えをしてるので、初心者にしては慣れたもんです。

無事チューブを入れ替え、タイヤをはめ、空気を入れにかかります。



しかし、ここで悩みが発生!

それは

CO2インフレーター(315円)を使うか

ハンディポンプで頑張るか。



315円です。急ぎじゃないです。ハンディポンプに決定です。



ちなみにポンプはこれ

ppm05100.jpg

topeak micro rocket al pump

とっても小さい!

イコール「とっても回数が多い&使いづらい」



シュコシュコシュコシュコ・・・・・

たぶん100回近くポンピング。

しかしまだまだ柔らかい。



シュコ・シュコ・・シュコ・・・・・

たぶん50回近くポンピング。

この辺でもうポンプが動きづらくなってきます。



CO2インフレーター使うか。。。

しかしここまでやったのだからもったいない。

結局、僕の非力の限界までポンピングしましたが、まだちょっと柔らかい。

段差に気をつけて、時速10キロくらいで帰ってきました。




これはみなさん、一度はぶち当たってる問題みたいですが

軽さ&ミタメをとるか

使い勝手をとるか


ですね。



僕はハンディポンプである程度入れてから

105円の10.6gのCO2インフレーターで入れるようにします。
(今回は315円の16gを持っていた)



ちなみに先ほどチューブを確認したら、ハの字型に穴が開いていたので、やっぱりリム打ちですね。






1本315円は高いよね。ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2012.06.05 Tue l メンテナンス l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。